荻窪ホープ整体情報|整体で心も体もリフレッシュ!|荻窪ホープカイロプラクティック★

心のケア

2011年04月13日 (水) 17:26
こんにちは。皆さまいかがお過ごしですか
大震災から一ヵ月経ったいまでも揺れの強い余震が続いています。
毎日、不安感を抱きながら生活されている方が多いと思います

今回は、少しでも心穏やかで前向きな気持ちで生活ができるよう、脳内物質の「セロトニン」についてお話します。

セロトニンは、心の「快」「不快」を感じる神経をコントロールしています。
心身共に、平常心を保つ働きや、ストレスを和らげてくれる優れモノです。


しかし、セロトニンが不足すると、自律神経を狂わせ、情緒不安定・睡眠障害・疲労困憊・肩こり・便秘・冷え性などの不調がでやすくなります

そこで、セロトニンを増強させる方法をご紹介します


食材で摂取
 セロトニンの原料は、「トリプトファン」という必須アミノ酸の一種で、体内では、作られないので、食材で摂取する必要があります。(主に赤身の魚・肉類・豆類・乳製品など)
 さらにセロトニンを作る過程で必要な「ビタミンB6」も併せて摂取しましょう。(主にレバー・大豆・香辛料など)
 バナナは、両方を兼ね備えた食物です。これらをゆっくり良く噛んで食べれば、セロトニンの活性化へとつながります。


適度な運動
 セロトニンは、運動5分以上で活性化してくるので、最低20分くらいは、身体を動かすことが必要です。特に、朝の運動は、セロトニンを鍛えるだけでなく、脳や自律神経・筋肉に即効で働きかけるので、目覚めは快適です。
 ラジオ体操をお勧めしますが、なんでも構いません。普段の生活の中にリズミカルに身体を動かす時間を作ることが大切です。
 歩く速度を速めてみる・テンポよく掃除してみるなど。。。

地震・余震の恐怖、原発や食糧問題などさまざまありますが、自身の心が安定していないと的確な判断ができなくなります。今日より、セロトニンを増やして鍛えて、不安やストレスに打ち勝つ生活を一日でも多く作っていきましょう

荻窪整体情報カテゴリ

RSS カレンダー

RSS 2.0