荻窪ホープ整体情報|整体で心も体もリフレッシュ!|荻窪ホープカイロプラクティック★

体温維持には・・・

2010年03月22日 (月) 12:07
さて、前回の続きです。低体温では体に様々な悪影響があるというお話でした。では、体温を高め、維持するにはどうしたらようのでしょうか。

結論から言いますと
「筋肉を使う」ことです。

過去の記事でも触れさせていただきましたが、食事、入浴、そして何といっても筋肉が大事なんですね
体におけるエネルギーの消費の割合は、基礎代謝が60~75%、動くことによる消費が15~30%、食事による熱生産が5~10%と言われています。
基礎代謝とは、「何もしなくても生きているだけで消費されるエネルギー」のことです。基礎代謝が全体の60~70%を占めているのです。
そして、基礎代謝は筋肉量に正比例します。
代謝は20歳を過ぎたあたりから徐々に落ちていきます。筋肉に関しては30歳くらいから減少し始めます。そしてそこからなんと、1年で1%づつ減っていくのです。減ればその分熱量の生産も減ってしまうのです。

ただ、運動なんて何をしたらいいかわからないし、時間もないという人が多いかと思います。まして筋肉量を増やすのはなかなか大変なことです。そこで、循環を良くして体を温めるという意味で、1日1回でもいいので、心臓をドキドキさせてみましょう。
〇いつもより速足で歩く
〇1日10分散歩の習慣をつける
〇家の階段を往復してみる
〇エレベーター、エスカレーターを使わない
〇2~3分スクワットする習慣をつける
など、なんでもいいと思います。
まずは
1日1回心拍数を上げることから始めてみましょう

荻窪整体情報カテゴリ

RSS カレンダー

RSS 2.0